神奈川県横浜市神奈川区台町11-19

Tel 045-311-9863
ご注文 0120-580-561
 
 
くらしの里ネットワーク
 
 
 
 当店は、袋詰めしたお米を陳列・山積みして販売するお米屋さんではありません。 お米の鮮度を保つため、玄米のまま樽に入れて保存。kg単位で販売し、その場で無料にて精米をしてお渡ししております。
つき方も3分米や5分米など、お好みの分数でお求めいただけます。
 また、常に21種類程のいろいろなお米をご用意しております。
和食、洋食、カレーや丼ものお寿司等など、ベストマッチな「こだわりのお米」をご紹介いたします。
 
 
生産者の山崎さん
 種籾消毒を薬品ではなく温湯消毒(約60度のお湯にもみを10分間浸けて消毒する方法)を行い、田植えの時は田んぼに除草剤をほんの数滴撒くだけで、後は出穂まで、一切農薬散布はしません。
稲作りで最も過酷といわれる「田の草取り」を行うことで、残留農薬ゼロのお米が作られるのです。
契約農家さんの安全と安心への真剣な思いには、本当に脱帽です。
 また、田植えの時にアイガモを放ち、除草剤を含め、農薬を一切使わない(アイガモさんが害虫を食べてくれるんですね〜。)、アイガモ栽培の残留農薬「ゼロ」米も取り扱っております。
 
   何よりも「子供のごはんを食べる量が増えた。」というお母様の声が圧倒的に多いです。ある奥様が、お米がなくなり、間に合わせにスーパーで買ったお米を炊いたら、子供に「ご飯の味が違う」って怒られたそうです。
子供の素直な味覚で「おいしい」といっていただくと本当にうれしいですね。
 
   あまり知られていませんが、「お米の賞味期限は2週間!」なんです。日本人の99パーセントの人は、お米に賞味期限はないと思っていますが、それは低温保存された精米していない玄米での話。精米したお米は、日々酸化していき、特に2週間を過ぎると酸化の速度が増します。りんごを思い浮かべてください。剥きたてのりんごは色つやも良くておいしく食べられますが、2時間、3時間後の剥いたりんごをおいしく食べられますか?
 よく、「今回のお米はおいしくない」なんて話をしますが。それは銘柄や値段よりも「酸化」が原因だったのです。
 お米を買うときは、ぜひ精米日を確認し、なるべく精米日から2週間以内に食べきれる量をお買い求めください。もちろん、当店では「買ったその日が精米日」です。しかも1kgからお好みのお米をお求めいただけます。
 
   お水にこだわるなら、よく「水道水はカルキ臭いからミネラルウォーターで炊く」と耳にしますが、炊くときのお水だけではなく、すこしもったいない気もしますが、お米に最初に触れるお水にも使用をおすすめします。お米がもっとも水分を吸収するのが最初の30分ですが、特に最初のお水をよく吸収するのです。
 最初の1回目は、多目の水で研がずにさっとかき混ぜ一気に流し、ホコリやヌカを洗い流します。2回目と3回目は手指を立てて、あまり力を入れずに円を描くように研ぎます。決して押し研ぎしてはいけません。精米したてのお米はもろくて割れやすく、しかも押し研ぎすると、うまみ成分であるデンプン質が破壊されてしまいます。
 お水の量は、固め、柔らかめ等好みによって調節しますが、炊く前に最低30分は水に浸してください。(本来は2時間ほど)これでお米の芯まで水分が浸透し、炊き上がりが本当においしくなりますよ。
 
   そのほか当店では、無添加のお味噌や生醤油、無農薬栽培のなたね油、どっちの料理ショーで特選素材に紹介された、カントリーファームのソースやケチャップ、金谷峠(静岡)の手摘み金谷茶など、安全・安心のこだわり商品を多数取り揃えております。  
▲TOPに戻る
 
Copyright (C)2006 酒の島崎株式会社 All Rights Reserved.