酒の島崎は業務用酒販店として、ただ単にお酒を売るだけでなく、飲食店様の良きパートナーとしてご相談・ご要望に真剣に対応いたします。  
なんのお店をやりたいですか?
どんなお酒を揃えればいいの?
新規開業で何をしてくれるの?
こだわりの
無農薬米
米蔵しまざき。
 
  ホームページはこちら!
春のワイン試食会のご案内
 つい数年前まで、飲食店と言えば、「和・洋・中」なんて三種類に分けて呼ばれていて、レストランの看板を掲げたお店のサンプルケースでは、ハンバーグの横にラーメンやうな重が並び「ここは何屋?」なんて考えてしまうお店が街中にたくさんありました。しかしそうした横並びの中、最終的に勝ち残ってきたのが「専門店」と「居酒屋チェーン店」でした。
 さて、一言で専門店といってもその種類は多種多様で、寿司・そば・焼鳥・焼肉・ラーメンなど一つの料理を代表したお店や イタリアン・フレンチ・中華・エスニックなど諸外国の料理を扱うお店、最近では、地鶏専門店・黒豚専門店・くじら専門店など食材を専門にしたお店なども登場しました。また、ショットバーやワインバーも一つの専門店だと言えます。
 何のお店をやりたいかを決める時、業態よりも自分は何を売りたいのかを明確にすると、開業までの流れがつかみやすく、なおかつ成功への近道になることでしょう。
居酒屋
 ひと口に居酒屋といっても、さまざまな種類に分けられる。商売のやり方(業態)から見て分けるとすれば、大衆割烹・和風居酒屋・洋風居酒屋の大まかにこの三つに分けられる。大型チェーン店は別として、10坪ほどの店舗スペースからはじめることも可能で、比較的に独立開業しやすい業態でもあります。本格焼酎や地酒などの種類の豊富さを売りにするお店もありますが、お酒を飲むという動機より食事の場所としての色が濃くなりつつある居酒屋業界において、まず「美味しい料理」と「気持ちのいい接客」を売りにしましょう。お酒の種類は序々に増やしていけばいいのです。勝機はあります!!
スナック
 スナックは少ない資本で客席が10人程度の小さい規模の店舗でも十分に開業でき、酒類に関する特別な知識や高度な調理技術、業務知識がさほどない未経験の方でも経営が出来る。
 確かにそうではあるが、最近では焼酎や地酒のブームに影響され、お客様もボトルのウイスキーを水割りで飲むだけでなく、こだわりの美味しいお酒を求めるようになってきました。棚に並んでいるボトルの中に本格焼酎などのビンを見かけたりしますよね。
 やはり、最低限のお酒の知識は持っていたほうが良さそうです。お酒の話に花が咲くと止まらなくなる、なんてお客様ほど常連さんになる可能性が一番高いんですよ。
 昨今、スナックへの2次会に流れる傾向が少なくなり、そそくさと帰路につくサラリーマンも多いなか、商売繁盛のポイントはズバリ固定客の確保。お客様はなじみのお店で気楽に(お客様によっては自宅よりリラックスできたりして・・・・・・)自分好みの美味しいお酒と肴を楽しみたい!顧客の満足度を高めるための努力はやはり必要なのです。
専門店
 「専門店」とはいわゆる単品料理メニューのお店のこと。(焼鳥・おでん・焼肉・寿司・そば・ラーメンなどなど・・・・書ききれません。)
 専門店のメリットはお客様が、○○が食べたい、○○で一杯やりたいという明確な動機によって来店するため、顧客が付きやすく、店の経営がしやすい。さらに、単品料理の専門店であるから、メニューを増やす必要がない。メニューを増やすことは、専門性を欠落させてしまい、店の特徴を失うことになる。
 ただし売りとなるメニューがはっきりしている分だけに、当然美味しいと納得させるものでなければならない。お酒も同様にその料理と相性が良く、互いがその味を高めあうものを選ぶ必要がある。
 飲食店の数が増える中、安くてうまいは当たり前。なにか魅力的なものがないとお客さまを呼べないのも事実。「料理とお酒のバランス」実はこれもひとつの「売り」なのです。
レストラン
 営業形態別には、ホテル系のディナーレストラン、グリル、ビストロ、カフェテリア洋食店のほか、ファミリーレストラン、ファストフードレストラン、郊外型ドライブインレストラン、街道型ドライブインレストランなど、消費者のニーズに応じた形態をもつレストラン等がある。独特の雰囲気を売り物にしている高級店からファミリー向けの大衆店まで、また、国別ではフランス、ロシア、イタリアなどの特定国料理店や同じ国の料理であってもその国風にアレンジされたレストランなどなど・・・・・。間口が広く、また奥行きも深い業態である。
 レストランの開業をお考えの方にメニューに関するお話は致しませんが、特にディナーでは切っても切れない仲にあるお酒。食前酒に始まり、食中酒、食後酒と、料理との相性を見極めることが大切です。酒の島崎の専門スタッフがそのお手伝いをさせて頂きます。
ショットバー・カフェ
 ショットバーやカフェの開業をお考えの方も、レストランと同様に、あえてお酒に関する細かいお話をここでは致しません。
 気になるリキュールやスピリッツ系の商品や、新製品、キャンペーンなど、メーカーやインポーターの最新情報をどこよりも早くご案内いたします。グラスや備品の手配なども承りますので、お気軽にご相談ください。
また、年2回(6月・11月)試飲会を開催。季節ごとのお勧め商品等を独自に セレクトしご紹介、生産者・輸入業者の方々にも参加していただいております。
 ここで、ご紹介した業種業態はほんの一例です。メニューにお酒を載せようとお考えの方、あるいは、まだ、漠然と飲食店を経営したいとお考えの方、物件情報等もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
▲Topに戻る





















Copyright (C)2006 酒の島崎株式会社 All Rights Reserved.